管理業務主任者 合格率TOP

合格率の本当の意味

このサイトに訪れた皆さんは、管理業務主任者の試験に興味があるのだと思います。
特に合格率に関しては気にしている人が多いようです。

確かに合格率というのは、試験のレベルを表す一つの指標となり、あまりに合格率が低ければ、試験を諦める人も少なくありません。

しかし、合格率だけで、試験のレベルを決めるのは早計です。

合格率というのは、受験者層、タイミング、試験問題など様々な要素が絡みあって出てくる数字で、試験そのもののレベルを表すものではありません。

例えば、行政書士と社会保険労務士と言う資格があります。
これらの資格の合格率は、それぞれ1ケタ台ですが、どちらかと言えば行政書士の方が合格率は、低くなります。
社会保険労務士が約7~8%に対して、行政書士は低ければ4%台です。

ですが、どちらの難易度が高いかといえば、社会保険労務士です。
何故なら、社会保険労務士の方が合格率は高くても、その分受験者のレベルも高くなるので、合格が困難になるのです。

このように合格率というのは、試験の性質にもよって変わるので、数字だけで判断することはできません。

では、管理業務主任者はどうなのかとうことになります。
詳しい合格率は後ほど説明しますが、実際の難易度は数字と比例していると感じます。
もちろん、人によって得意不得意がありますので、一概には言えません。
しかし、ひとつだけ言えるのは、簡単な試験ではないということです。

この先を読み進めてもらえれば、管理業務主任者の合格率の背景や正しく数字を読み取る力が付いていきます。
ですが、その裏を返せば、管理業務主任者の本当の難易度を理解し、合格するための大変さを感じるということです。

まずは、このサイトを利用して、合格率だけではなく、管理業務主任者の試験そのもの背景を理解して下さい。
それで、実際に受験するのかそうでないのか決めてほしいと思います。

予め申し上げると、簡単な試験ではありませんが、しっかりと学習すれば十分合格できる試験です。

次のページ >>

>>管理業務主任者への最短ルートはこちら(提供:通信講座のフォーサイト)